• HOME
  • > 長期優良住宅

長期優良住宅

長期優良住宅

シーユーハウジングの家(新築)は100%長期優良住宅を標準仕様!

『つくっては壊す』から『長持ちさせる』時代へ!長期優良住宅とは?

長期優良住宅とは、国が「長持ちするいい家」の基準を設け「つくっては壊す」から「いいものをつくってきちんと手入れして長く大切に使う」というストック型を目的とした国の事業です。
一般住宅に比べ、耐久性・耐震性が高く省エネ性能に優れるなど、長期間、良好な状態で住まい続けられる措置が講じられ、長期にわたる維持保全の計画が立てられている住宅が、「長期優良住宅」です。
資産価値のある住宅は、世代を超えて暮らせる住まいへとつながります。

長期優良住宅認定を受けた家を建てるメリット

金利優遇

フラット35Sが適用されるなど、金利の引き下げ等を受けることが可能です。

税の特例措置

減税措置の適用が可能です。

地震保険料割引

住宅の耐震性に応じた保険料の割引を受けることが可能です。

シーユーハウジングの家〈長期優良住宅〉

長期優良住宅 等級表長期優良住宅 等級表
劣化対策
  • 建物劣化の対策
  • 劣化対策等級3

耐久性(劣化対策)とは

数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。

耐震性
  • 耐震性の向上
  • 耐震等級2

耐震性とは

極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図ること。

省エネルギー性
  • 断熱性能の向上
  • 断熱等性能等級4

断熱性(省エネルギー対策)とは

必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。

維持管理・更新の容易性
  • 維持管理・更新の容易性を確保
  • 維持管理対策等級3

維持管理性とは

構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられていること。

維持保全計画
  • 維持保全の方法を明確にします。
維持保全計画とは

建築時から将来を見据えて策定されている、定期的な点検・補修等に関する計画。